生物学となんとか 〜理系大学生の日常

理系大学生が生物学について綴る日記。レポートを書く人と自分のために。。。

タンパク質の単離精製  レポート

二連投です!

今回の実験は1月に行ったものです!(年またいでないですよ笑)

 

今回は、GFPという蛍光タンパク質をベクターに組み込んで大腸菌内に入れ、大腸菌内で大量に作らせたGFPを単離精製するという実験です。

5月ごろに行った制限酵素実験では大腸菌に導入したDNAがちゃんとできているか確認しましたが、今回はタンパク質ができているかの確認です。

 

今回、精製に用いた方法がタンパクの疎水部分とカラムの結合をもってタンパクを吸着させる、疎水性相互作用クロマトグラフィーでしたが、この方法は通常、精製の一番初めの段階で用いられるもので、分離能がとても低く、次の図のように大腸菌由来と思われる多数のタンパク質も検出されてしまいました。

f:id:k-ishikawa-science:20180203134801p:plain

 

単離ができなかったため、この後、タンパク質の分子量からどのバンドがGFPのものか推測するということを行いましたが、こうなることになったとしてもそうでなくても、この実験デザインでは、実際に出てきたバンドがGFPかどうかをはっきりさせることができません。

これをはっきりさせるためには、ポジティブコントロールが必要です。要するにSDS-PAGE(タンパク質の電気泳動)を行う際にGFPを同時に流してあげるということです。

あとは疎水相互作用クロマトグラフィーを変更して、抗GFPをカラムに結合させた、アフィニティークロマトグラフィーを用いれば、GFPのみを単離精製することができます。

いずれも今の方法よりかコストがかかると思いますが、GFPを単離精製・確認するにはこうした方法を用いるのがベストだと思われます。

 

 

最後になりますが(恒例)、レポートなどの盗用犯罪です!同じようなレポートを書く方のために参考文献表をはりますのでそれらを参考にしてみてください!

 

・今回の参考文献表